Sojin Project

大阪市内を中心にした食べ歩き記録です

久しぶりの焼鳥。地下鉄我孫子の複数の飲み屋で別々の常連の口から「こまち」の名前がよく出て来る。いわく「Aさん来ないけど『こまち』行ってるんとちゃう?」「Bさん『こまち』一杯やからコッチ来たやろ」と。駅南口にある焼鳥屋らしい。ググると「串焼き処 日比谷 鳥こまち」という名の関東を中心に全国で手広くやっているチェーン店のようだ。で,事前の印象は「チェーンの焼鳥屋かぁ」だったが覗いてみた。
(画像は追記のメニューも含め,すべてクリックで別タブで拡大します。)

69162166.jpg


店の前からドア越しに覗くとカウンターはノーゲスト。入店して,上の写真の大将に迎えられ,厨房と向かい合うカウンターの適当な席に座る。席間はゆったりと取ってあって好印象。ゆったりなお店にありがちな椅子2つセットのカップル仕様になっていなくて,一人飲み客も僻まなくて済むw
ノーゲストだと思っていたら2階から奥さんが降りてきた。階段の上では数組の宴会が進行中のようだ。大将にうかがうとフランチャイズなどのチェーン店ではなく,暖簾分けのような個人店だとのこと。確かに夫婦経営のしっぽり落ち着いた居酒屋の雰囲気。

dca19094.jpg


取り敢えず生ビール(ヱビス)をお願いして,上の写真は突出し。

31ade28e.jpg


奈良の純米酒にこだわっておられるそうで,厨房の背中のメニューにいろいろ並んでいる。「本日のおすすめ」に書いていない酒もあるという。で,生ビールに続けて,奈良の酒「儀助」をいただく。
アテは一品もメニューに並んでいるが,焼鳥屋と聞いて鶏の口になっていたので,適当に好みを頼む。まずは「すなずり」は必須。これが美味しいと気分が良くなる。って,もちろん良くなりました。メニューを拝見すると「手ごね生つくね焼」とのページに12種ものつくねメニューが並んでいる。これはいただかないと。もちろんいただいた後は更に気分が良くなりました。
で,以下まとめての写真。寿司屋の握りもそうだが,焼鳥屋の記事も写真だらけになるなぁ。

b7de9271.jpg

6f17c2c0.jpg

db8409cb.jpg

d1e4a415.jpg

bf9c64ee.jpg

fdac5459.jpg

b30d1990.jpg

97815407.jpg


※メニュー画像(8枚)が店舗データ下の「続きを読む」で表示されます。

串焼き処 日比谷 鳥こまち あびこ店
アクセス: 大阪市営地下鉄御堂筋線我孫子(あびこ)駅から徒歩1分。3号出入口または4号出入口の階段を登ると地下鉄我孫子南口の交差点。いずれも信号を渡り交差点南東角の「業務スーパー」の入っているビル入口階段の左隣(東側),路面店。
住所: 大阪市住吉区苅田9-15-38
電話: 06-6609-2787
営業時間: 17:00~24:00
定休日: 火曜日
喫煙: 可
リンク: ホームページ 地図 
続きを読む

東心斎橋のハシゴ酒,日付が変わっても飲み続けて,ふと思い出したこのお店。確か朝までやってたよな,と飲みの〆を目指して宗右衛門町までやって来たがお店が見つからない。ってなことを繰り返して2回目,たまたま道端に立っていたどこかのお店のスタッフらしい方に聞いてみた。すると12時閉店に変わったという。で,後日,宵の口に出直した。記憶の場所に記憶通りの看板が光っている。深夜に見つからなかったのは看板の照明が消えていたからみたいだ。
(画像は全てクリックで別タブで拡大します。)

f80b00b0.jpg


スタッフは全員現地の方かな? お客さんも多くが現地の方というディープなお店だが,日本人にも居心地の良い明るく清潔な店内。窓際のテーブル席からは道頓堀の川面が見下ろせる。
カウンターに座って若い男の子に通ぶって「ニューローメン」と怪しげなカタカナ中国語でオーダー。一発で伝わったが,「ニウロウミェン」の方がもっと現地発音に近いか。ま,アクセントは日本式でしか発音できないので同じかな。で,出て来たのが上の写真,「四川麻辣牛肉麺」\800(税込)。

29df1b51.jpg


お約束の麺リフティング。え?麺じゃないって? いや店名もメニュー名も「牛肉麺」だから。確かに台湾の「牛肉麺」は普通に細長い麺だったよね。でも確か向こうの言葉では「麺」って小麦粉を練って作った,つまり「粉モン」全般をいうみたい。この分厚い雲呑(ワンタン)の皮のようなのも「麺類」になるらしい。ワンタン麺好きの私的にはこれもアリ。

e6aa0eb0.jpg


で,ここで気付く。7年前にいただいたのと違っている。以前は激辛高菜たっぷりでお肉はあんまり入っていなかったような。今回は角切りの牛スジ肉の塊がゴロゴロ入っている。大きなヤツを食べてしまってから気が付いて撮影したので,上の写真の牛スジ肉は小さめのヤツ。それでも関東煮(かんとだき=おでん)の串に刺さったスジと遜色ない大きさ。一方でその量と辛さに難儀した高菜さんは見当たらない。
それらをまとめる「麻辣(マーラー)」と名乗るに恥じない激辛の澄んだスープ。辛さにあまり強くない私的にはギリギリ食べられる限度をちょっと超えている。頼めば辛さは調節できることを知っていたのだが,今回は敢えてデフォ。でも「ぎゅうにくめん」と日本語でオーダーすればもう少し加減して貰えたかも。ま,激辛好きの方,逆に辛さに弱い方はそれぞれ注文のときにスタッフと相談してください。なんとか完食したが,この辛さ,妙に汗が出て来ない。カウンターにはボックスティッシュの用意もあったが,使わなかった。

b56776a7.jpg


店内,厨房側。このお店,入口側が厨房でその横の通路を通って客席に入る。

1df65584.jpg


店内,客席側。奥の窓の向こうは道頓堀川。

4da170b0.jpg


店舗外観。看板にも明記されているように最近営業時間の変更があったようだ。ってか,看板見るといつの間にか「宗右衛門町名物」になってるじゃん。ま,7年以上続いていればもはや名物か。
〆の「牛肉麺」目当てだったのでメニューを見ずに注文したので,メニューに変更があったかどうかは未確認。7年前は本格四川料理店で,「川菜(四川料理)」「地方菜(主に満州料理)」の数々が並んでいて,一品の盛り(量)が多いので,3・4人以上で来る店だなぁと思った記憶が。

過去の「四川麻辣牛肉麺」の記事:
    2010/08/28 : 四川麻辣牛肉麺@宗右衛門町 

四川麻辣牛肉麺 (シセン マーラ ギュウニクメン)
アクセス: 地下鉄・近鉄日本橋駅より堺筋を北へ。道頓堀川を越えた1本目,宗右衛門町の通りを西へ1ブロック,道の南側の路面店。日本橋駅から5分ほど。難波からも遠いが歩ける距離。
住所: 大阪市中央区宗右衛門町3-11 リバーサイドビルダテビル1F
電話: 06-6211-6698
営業時間: 13:00~24:00
定休日: 不定休
喫煙: 可
リンク: 地図 

5年ぶりに泉北ニュータウンの最奥,御堂筋線の南端中百舌鳥駅で泉北高速線に乗り換えて光明池(こうみょういけ)駅へ。駅からペデストリアンデッキを歩いて,大阪府警察光明池運転免許試験場へ到着。免許更新の手続きを済ませると写真撮影の時間までちょうど1時間ある。で,駅へ戻って食べるという選択肢もあるが,取り敢えず玄関を出て右側の屋外の喫煙コーナーで煙草を吸ってるうちに時間が経っていく。で,試験場地下の食堂で済ませることにした。
(以下の写真は,全てクリックで別タブで拡大します。)

00d984a1.jpg


いろいろ迷って,と言ってもそんなに迷うほどの多種多様なメニューでもなく,日替わり定食に麺類と丼ものとカレー類。結局「カツカレー」650円(以下税込)にした。カレーは,スリランカカレー・インドカレー・松屋のカレー,そしてレトルトのハウス「カレーマルシェ辛口」ビーフとマッシュルームなどと時々食べるが,カツカレーはチョー久しぶりだな。窓口で食券を出すと「お呼びしますので座ってお待ち下さい」と指示される。席を確保しすぐに呼ばれてプラスチックのお盆に乗ったカツカレーを受け取り,横のテーブルからスプーンとお水。調味料類が並んでいたので,大阪人はデフォでカレーにはウスターソースだろうと掛けてみる。
カレーソースはご想像の付く味です。豚カツは柔らかい赤身肉で,安い豚カツにありがちな脂身は一切なくレベルが高い。お米は安い業務用米でしょうね。コシヒカリみたいな粘りはなく冷めたら不味くなるだろうなぁという食感。コスパとしてはフツーですね。社食や学食に比べると高い。ここの職員さんは弁当か外へ食べに行くのでしょう。そんなにキャパもないし。

0611eaf5.jpg


上の写真は地下食堂入口。うどん・蕎麦・ラーメン・カレーライスなどが500円で並んでいる。やや安いメニュー,やや高いメニューもあり。カレーうどん・蕎麦・ラーメンと並んでいたので,未食のカレーラーメンにもちょっと惹かれた。なお食券券売機は店内。
平日昼の食堂は半分ぐらいが若い女の子。学生の初免許かな? テーブル斜め向かいの女の子は一所懸命に教則本を復習してた。
ところで門真は食堂の外のテラスで喫煙できたのだが、光明池はビルの外の玄関前喫煙コーナーまで行く必要がある。後で気付いたのだが,講習室の掲示に「喫煙室は4階」とあったので,終了後覗いてみたら結構広かった。外の眺めのいい開放感のある喫煙室です。

f7f09cd7.jpg


試験場外観。駅からの道の途中に目立つファミレス風一軒家が。しゃぶしゃぶ食べ放題専門店のようだ。平日ランチは税別1,200円弱だったか。時間があればいいかも知れない。ま,次来るのはまた5年後。

※運転免許試験場所在地は市境を越えた和泉市側なんですが,光明池駅はまだ堺市内で,かつ泉北ニュータウンは大阪人の感覚的には堺市の隅っこなので,和泉市民の方々には申し訳ないですが,ブログのタグ分類は堺市にしています。

光明池運転免許試験場食堂
アクセス: 泉北高速鉄道光明池駅下車。運転免許試験場への案内に従ってペデストリアンデッキを進んで徒歩5分,試験場地下1階。試験場には有料駐車場あり。
住所: 和泉市伏屋町5-13-1 B1F
電話: 0725-56-1881
営業時間: 8:30~16:30(モーニングサービスあり)
定休日: 土日祝・年末年始
喫煙: 不可(ビル4階と玄関外に喫煙所)
リンク: 地図 

大丸心斎橋店北館の13階のレストラン街は手軽に間違いのない食事ができるのでたまに利用しているのだが,エレベータを降りた左すぐにある釜飯屋さんが気になっていた。で,先日入店。
(各画像をクリックすると,別タブで拡大表示されます。)

5ecb4fc7.jpg


取り敢えず,生ビール中(キリン一番搾り)\626(以下税込)。
料理は,「釜めし 福コース」を季節の「蟹釜めし」を付けて\2,214。「福コース」は基本,\1,890なのだが,釜めしをメニューから一品選ぶ。単品釜めしは3ランクあり,単品価格の高い釜めしを選ぶ場合は追加料金がかかる。

b4cd2624.jpg


まずは,福コースの前菜3品。こんにゃく田楽が旨し。幸先の良いスタート。

b48e438d.jpg


続けて,串揚げ3種。左から海老・さつまいも・豚ヘレ。調味料は,左から塩・出汁醤油・ソース。これもレベル高いですね。揚げの技術が当然高い。串揚げ単品をお好みで選んでの飲みにも使えるお店ですね。

b2696661.jpg


で,メインの釜めしセット。ちょっとした居酒屋でも釜飯はいただけるが,ここは具のバリエーションがいい。

168c998e.jpg


本日の主役,蟹釜飯。

3a5fd381.jpg


茶碗に軽くよそって2杯分ぐらいかな。上品な味付けで,私的にはちょっと薄味に感じました。舌が居酒屋の化調味に馴らされているのかな?
コスパ的にはデパートレベルで,けっして良いとは言えませんが,店内の雰囲気やサービスは流石にデパートのレストラン街ですね。落ち着いて食事ができます。

5e7cec12.jpg


店内はゆったりとしたテーブル席が主。結構広い。窓際にはカウンター席とテーブル席があり,御堂筋を挟んで対岸のホテル日航大阪と心斎橋オーパのビルの壁面が見えています。

54e1db72.jpg


店舗入口。大きなショーケースにメニューの食品見本が並んでいるので,入店前にじっくり検討できます。

※店舗データ下の「続きを読む」で,メニュー画像7枚が表示されます。

釜めし串揚げDINING ぶんぶく 大丸心斎橋店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車。御堂筋線南改札口と地下直結。大丸心斎橋店北館(旧そごう)13階レストランフロア。
住所: 大阪市中央区心斎橋筋1-7-1 大丸心斎橋北館13F
電話: 06-4704-0908
営業時間: 11:00~22:00(L.O.21:00)
定休日: 不定休(大丸心斎橋店に準ずる)
喫煙: 不可(同フロアのトイレ手前に喫煙室)
リンク: 地図 
続きを読む

4cff40a9.jpg


夜更けの東心斎橋をいつものように飲んだくれてうろついていたある日,周防町から玉屋町に南へ曲がったところで,上の写真のドアを見かけた。ジャズ&ブルース・バーとある。「キング」とな? ジャズは聴くのは好きだし,若い頃はジャズ・ライブのお店にも出入りしていたが,聴くだけのまったくの素人なので「キング」と言えば「ナット・キング・コール」しか思い浮かばない。気になるが,この日は既に2軒だか3軒だかハシゴした後だったので,後日出直した。っても後日も既に行き付けの居酒屋で一杯やった後だが。
(なお画像は全てクリックすると別タブで拡大します。)

c1a6c7f3.jpg


ドアを開けるとバーには早い時間だったのでノーゲスト。マスターお一人が迎えてくれる。こぢんまりとした店内,変形コの字型カウンターのみ。奥まで進んでカウンターに席を取る。取り敢えず並んでいる酒から飲めと言うので,目についたサントリー「山崎」をストレート+チェイサーで。目分量で入れたような気がしたのだが,シングルにしては多いなという量が入っている。
先日見掛けてからググったのだが,心斎橋界隈で手広くやってるたこ焼き居酒屋チェーン「タコタコキング」の支店らしい。そうマスターに聞くと「ここはオレの店だ」と怒られましたが。

b9d4b13b.jpg


ネット情報によるとタコタコキングのたこ焼きの出前が取れるという。で,お願いすると,マスターが電話を掛けて注文。同じビルの北側,周防町筋に面した本店からだとか。
で,ほどなく到着。頂きました。うん,これ旨いわ。実は以前タコタコキングの三休橋店でいただいた時は,ちょっと火が入り過ぎて皮が固くなってるなぁと不満だったのだが,本店のたこ焼きは重力に逆らわない大阪の正調たこやき。食べたことはないが「築地銀だこ」とかいう資本系のチェーンでは「外はカリッ,中はフワッ」とか宣伝しているとか。いやそれ大阪の客に出したら,火が通り過ぎた売れ残りだと怒られるよ。正調たこ焼きは「外はフワッ,中はトロトロ」が正しい。これを生焼けにしないで焼くのがプロの腕。資本系の店では,素人のバイトが生焼けの失敗をしないよう火を通し過ぎるようにマニュアル化されてるんだろう。そんな話をマスターにすると,本店支店の違いじゃなくて,焼くスタッフ個人の癖だと言う。

85b975d7.jpg


上の写真は,ネット顔出しOKですかと許可をとって撮影させていただいたマスター。店内のBGMはCDで,マスターの私物だと聞いたような気がする。繰り返しますが,酔ってました。

9502c821.jpg


店内奥から入口の方をみたアングルの写真。
で,2軒目だったので1杯で切り上げる。お勘定をお願いすると,マスターが「山崎が1,000円,たこ焼きが300円だから1,300円」と声に出して計算。チャージなしのお店でした。

過去の「タコタコキング」の記事:
    2017/05/07 : 酒場 タコタコキング@鰻谷三休橋筋

タコタコキング 玉屋町店
アクセス: 大阪市営地下鉄心斎橋駅下車,徒歩6・7分。大丸北館の前から右へ心斎橋筋商店街のアーケードを道頓堀へ向かって南進。最初の信号を渡ってから左折し,東へ周防町筋を進んで3つ目の信号の十字路が玉屋町。南へ曲がってすぐ左のビルの壁にドアが見える。路面店。長堀橋駅からの方が近い。堺筋周防町の交差点から西へ2つ目。
住所: 大阪市中央区東心斎橋2-4-25 日宝玉屋町ビル1F
電話: 06-6213-0789
営業時間: 19:00~翌5:00
定休日: 日曜日
喫煙: 可
リンク: 地図 

↑このページのトップヘ